聖き汐のアルビレオ

×

動画の続きを見る

聖き汐のアルビレオ

突如現れた人類の敵、霞の艦隊の船の精神モデル、レオナは、レオナの艦長である幻像と共に人間側に付き、霞の艦隊と戦っていた。ある日、霞の船の精神モデルであるタカヤとアユナから話がしたいと連絡があり、精神世界に出向くレオナ。レオナは、タカヤに霞の艦隊に戻る意思はないかと問われるが、人間側に付くのが最良と断る。タカヤは、人間の醜さをレオナに説明するもののレオナにはそれが理解できなかった。レオナは、船に戻り幻像にタカヤに聞いた人間の醜さを聞くのだが…。

動画の続きを見る